日本語の教え方

会話の練習にも使える絵教材「できる日本語 教え方ガイド&イラストデータCD-ROM」

タスク先行型授業の日本語学習教材「できる日本語」。

そのイラスト教材が会話練習にも使え、できる日本語ユーザー以外の方にもオススメなので今回はこちらの教材を紹介したいと思います。

「できる日本語 教え方ガイド&イラストデータCD-ROM」とは?

「できる日本語 教え方ガイド&イラストデータCD-ROM」は「できる日本語」の教え方とイラストデータが習得されたものです。

驚くべき点として、イラストの数が他の教材よりも圧倒的に多く、「初級」と「初中級」それぞれで1000点以上あります。

  1. できる日本語 初級:1033枚
  2. できる日本語 初中級:1042枚

しかも、イラストは「単語」のみならず、教科書に登場する「会話イラスト」も収録されているので、他の教科書を使っているという人でも、会話の練習の際に利用することが可能です。

「「できる日本語 教え方ガイド&イラストデータCD-ROM」の特徴

以下は実際に、収録されているイラストのサンプルです。

語彙のイラスト

「みんなの日本語」ほど堅くないですし、「げんき」ほどカジュアルでもないので、丁度いい感じではないでしょうか?

会話のイラスト

導入でも、練習でも使えそうですね。

口コミ

テキスト準拠だが、これだけでも。

テキスト準拠だが、このCD-ROMだけでも充分使える。ウェブにもフリーのイラストはたくさんあるが、検索時間、コンテクストなどを考慮すると、この内容なら購入して正解だと思われる。線画なので印刷も速く、インクの減りも少ない。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

教科書「できる日本語」を使うなら、買ったほうが良い

もともとこのイラストデータがほしくて買ったが、「教え方ガイド」がとても分かりやすく良かった。教科書「できる日本語」についている使用説明では説明が十分でなく、教科書を使いこなせていなかった。この教科書は、今、注目されている「can-do]ベースで構成されており、従来タイプの教科書と違うので、今までの経験だけで使うとこの教科書のよさを引き出せないと思う。そう感じていたところ、この本には、詳しく教え方が説明してあるので、役に立った。また、本来の購入目的であるイラストデータは豊富にあるので、生徒に配る資料など自分仕様に作り変え易くていい。ただ、ちょっと高めなので星を4つとした。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

最後に

今回は日本語のイラスト教材「できる日本語 教え方ガイド&イラストデータCD-ROM」について紹介しました。

できるの日本語を使って指導している人はもちろん、他教材を使っていらっっしゃる先生にもオススメなので、イラストデータをお探しの方は、チェックしてみてください。