日本の言葉

【日本語の品詞】数量詞まとめ

このページでは日本語の数量詞でよく使うものをまとめています。

数量詞とは?

数量詞とは数を表す言葉で、以下のようなものがあります。

  • 数詞:1、2、3、・・・
  • 数詞 + 助数詞:1本、4冊、3杯・・・

このページでは、日本語で登場する数量詞について、見ていきましょう。


よく使う数量詞

それではよく使う数量詞を紹介していきます。(順番は50音順です。)

円:えん

「円」はお金を数えるときに使います。

  • 給料は23万以上のところ希望です。
  • 1億当たったら、何を買いたいですか。

ただし、会話では「円」を省略して使う場合もあります。

回:かい

「回」は回数を数えるときに使います。

  • 私は1日に3、コーヒーを飲みます。
  • アメリカにこれまで5行ったことがあります。

同じ意味を表す語として「度」という言葉もあるので、知っておきましょう。

「回」と大きな違いはありませんが、「度」のほうが少し硬い言葉です。

ヶ国:かこく

「ヶ国」は国の数を数えるときに使います。

  • 私はこれまで10ヶ国以上の国を訪れました。
  • 世界には200ヶ国以上の国があると言われている。

軒:けん

「軒」はお店や家などの建物を数えるときに使います。

比較的小さめの建物が対象です。

  • え、まだ飲むの?次のお店でもう3目だよ。
  • 田舎にはコンビニが1もない場所もあるので、不便だ。

件:けん

「件」は事柄を数えるの時に使います。

よく私生活で耳にするのは事件、メールの数や留守番電話のメッセージなどの数などです。

  • 未読のメールが100以上ある。
  • 留守番電話サービスにメッセージが1あります。

個:こ

「個」は小さいものを数える場合で、かつ他の数量詞で言い表すことができないときに使います。

  • 今日はりんご1、10円セール実施中。
  • 箱の中にはまだキャラメルが5、残っている。

「つ」で言い換えられることも多いが、目に見えないような抽象的なものは「個」で数えることができない。

冊:さつ

「冊」は本や雑誌、教科書などを数えるときに使います。

  • 外国語を学びたいなら、辞書は1はあったほうがいい。
  • 私は1ヶ月に10以上、本を読みます。

社:しゃ

「社」は会社の数を数えるときに使います。

  • 私が就職活動していた頃は、20は面接を受けたなあ。
  • 今日は営業活動で5回る予定です。

足:そく

「足」は靴や靴下を数えるときに使います。

左右ペアで1足です。

  • 靴を1買うと、2足目が30%OFFになります。

台:だい

「台」はコンピューターや電子レンジといった機械や、車、バイクといった乗り物を数えるときに使います。

  • 木村さんはお金持ちで、車を5台持っています。
  • 私はコンピューターが好きで3持っています。

「つ」は一般的な物の単位で、他の多くの数量詞と置き換えて使うことができる。

ただし、目に見えないような抽象的な物の場合、「つ」を使う必要がある。

  • おばちゃん、飴玉1ちょうだい。
  • いいアイデアが1思い浮かんだ。

人:にん

「人」は人を数えるときに使います。

  • 教室にはアメリカ人が2います。
  • この会社には女性社員が10しかいません。

匹:ひき

「匹」は犬や猫、昆虫など比較的小さい生き物を数えるときに使います。

  • 私は猫を5飼っています。
  • 私の国では、毎日のように何もゴキブリを見かけます。

杯:はい

「杯」はグラスや茶碗に入ったものを数えるときに使います。また、例外として「イカ」を数えるときにも使われます。

  • ビールをもう1ください。
  • ワインでも1いかがですか。

箱:はこ

「箱」はダンボールや箱型の物を数えるときに使います。

  • ダンボール1こちらの住所に送りたいんですが、いくらかかりますか。
  • 田中さんは1日に1分のタバコを吸います。

本:ほん

「本」は、鉛筆や髪の毛のように長く、細いものを数えるときに使います。

  • ネギを1ください。
  • あ、田中さん、白髪が2生えてるよ。

枚:まい

「枚」は紙やTシャツなど薄いものを数えるときに使います。

  • 白い紙を1とってください。
  • 今ならTシャツを2買うと、さらに1枚プレゼント。

名:めい

「名」は人を数える時に使います。

尊敬表現で、日常生活ではよくレストランで店員がお客様に人数を尋ねる時に耳にすることでしょう。

  • 様でしょうか。
  • 様ご来店です。

羽:わ

「羽」は鳥類の動物を数える時に使います。

ただし、例外でうさぎを数える時も「羽」が使われます。

  • この動物園にはペンギンが20以上います。
  • 白鳥が1向こうの方へ飛んでいきました。



関連書籍

created by Rinker
¥1,512
(2019/07/21 22:58:54時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は日本語の数量詞について紹介しました。

日本語にはもっともっとたくさんの数量詞が存在しますので、今度も少しずつこのページに他の数量詞も追記していく予定です。