数量詞

【数量詞】家具・家電の数え方まとめ

このページでは家具・家電の数え方をまとめています。

家具

机を数える時の単位は「台(だい)」「脚(きゃく)」「基(き)」「卓(たく)」の4種類あります。

それぞれの単位は数える机の種類により次のように分かれます。

  • 台:学習机、事務机
  • 脚・基・卓:食べ物を乗せる、脚の付いた机

椅子(いす)

椅子を数える時の単位は「脚(きゃく)」、「台(だい)」「個(こ)」の3種類あります。

使い分けは以下の通りです。

  • 脚:足の付いた椅子
  • 台・個:足のない椅子

その他

単位 主な動物
〜枚 鏡、窓、ドア、畳、カーペット、布団、カーテン
〜台 ベッド
〜個 枕、クッション

物によっては、先ほどの「机」や「椅子」のように複数の単位が使われることがありますが、基本は上の表に書いてある通りです。

キッチン用品

単位 主な動物
〜膳(ぜん)
〜本 包丁、おたま、箸、菜箸
〜枚 まな板、フライパン

キッチン用品は物によって、色々な数え方が使われています。

「1膳」は箸2本分のことを指します。菜箸も箸の一種ですが、こちらは「膳」を使って数えません。

理由は菜箸は食事の時に使うものではないためです。

家電

単位
〜台 テレビ、エアコン、掃除機、電子レンジ、オーブン、炊飯器、冷蔵庫、エアコン、ヒーター、扇風機、パソコン、アイロン、電話

機械類は「台」を使って数えるのが一般的です。

関連書籍

created by Rinker
¥1,540
(2020/10/24 19:54:18時点 Amazon調べ-詳細)