文型の違い

【日本語の文型】「〜だけに」と「〜だけあって」の違い

「〜なので、やっぱり・・・だ」という意味を持つ文型に「〜だけに」、「〜だけあって」の2つがありますね。

例文を挙げると次のようになります。

・マルコスさんは日本に5年留学しただけに、日本語がペラペラだ。

・マルコスさんは日本に5年留学しただけあって、日本語がペラペラだ。

どちらも「5年留学した」と事実を踏まえて、「日本語がペラペラだ」という納得していますね。

では、この「〜だけに」と「〜だけあって」にはどういった違いがあるのでしょうか。

今回はこの2つの違いについて見ていきましょう。

created by Rinker
¥2,200
(2020/08/06 16:45:42時点 Amazon調べ-詳細)

「~だけに」と「~だけあって」の違い

二つの意味はほとんど同じで、置き換え可能なことも多いですが、必ずしも置き換えることができるというわけではありません。

例えば、次のように期待や予想に反した結果について言う場合「〜だけあって」はあまり使いません。

受かるとは持っていなかっただけに  、合格通知を見た時は驚いた。

受けるとは思っていなかっただけあって、合格通知を見た時は驚いた。

また、「〜だけあって」は相手を褒めたり、感心したりする時、つまりいい意味で使われる傾向にあるので、次のような文も「〜だけに」の方を使う傾向にあります。

彼はまだ新人だけに 、ミスが多い。

彼はまだ新人だけあって、ミスが多い。



まとめ

今回は類似文型「〜だけに」と「〜だけあって」の違いについて紹介しました。

最後に2つの違いをまとめておきます。

「〜だけに」と「〜だけあって」の違い
  1. 「〜だけあって」は期待や予想に反した結果について言う場合、使いにくい。
  2.  マイナスの評価にも使いにくい。