日本の言葉

【漢字】「同士」と「同志」の違い

「同士」「同志」

どちらも「どうし」と読む漢字ですが、漢字が似ているのでややこしいですね。

「似たものどうし」はどちらの漢字を使うのが正解なのでしょうか?

今回は紛らわしいこの2つの漢字について解説していきます。

「同士」と「同志」の違い

1.「同士」が意味するもの

「同士」は身分や境遇、性質などが互いに共通している人を指す言葉です。

冒頭の「似たものどうし」は性格や性質などがどちらも共通していることを表すので、「同士」の漢字が適切ですね。

この「同士」という言葉ですが、基本的に「名詞 + 同士」で使うのが基本で、「同士」だけで使うことはほとんどありません。

「同士」を使った例
  • 知り合い同士
  • 同士
  • いとこ同士
  • となり同士
  • 恋人同士

 

2.「同志」が意味するもの

「同志」は志や主義・主張を同じくすること、またはそういった人を指します。

読んで字の如くですね。

「同士」は単に身分や性質が共通することを表しましたが、「同志」は目的や目指すゴールが共通していることを表します。

「同志」を使った例
  • 同志を募る
  • 同志の人々



まとめ

「同士」と「同志」の違いがわかりましたか?

最後に、2つの違いについてまとめておきます。

「同士」と「同志」の違い
  • 同士:身分や境遇、性質などが互いに共通している人
  • 同志:同じ目的や目指すゴールが共通していること、または共通している人