文型の違い

【日本語の文型】「〜たまま」と「〜っぱなし」の違い

「ずっと同じ状態が続いている」ことを表す表現に「〜たまま」や「〜っぱなし」といった表現がありますね。

例えば、次のような文です。

・テレビをつけたまま、寝てしまった。

・テレビをつけっぱなしで、寝てしまった。

どちらも、「テレビをつけた」という状態を継続させたまま、寝てしまったということを表す文です。

では、この2つの意味や使い方にどういった違いがあるのでしょうか。

今回は「〜たまま」と「~ぱなし」の違いについて見ていきましょう。

created by Rinker
¥2,160
(2019/06/19 10:22:34時点 Amazon調べ-詳細)

「~たまま」と「~ぱなし」の違い

では、次の例文を見てください。

(1) 1時間歌ったままで、喉がそろそろ限界だよ。

(2) 1時間前から歌いっぱなしで、喉がそろそろ限界だよ。

上の文の場合、皆さんはどちらの文を使いますか。

(2)の文は特に違和感のない文ではないですね。

しかし(1)の文はどうでしょうか。こんな使い方はしないですよね。

同じような例文をもう1つ見て起きましょう。

(3) 今日は1日歩いたままで疲れた。

(4) 今日は1日歩きっぱなしで疲れた。

今度の文はいかがでしょうか。

先ほどと同様に「まま」を使った文がちょっと不自然に感じますよね。

では、冒頭の例文「テレビをつけたまま、寝てしまった」と例文(1)、(3)はどういった違いがあるのでしょうか。

 

実は、「〜たまま」と「〜っぱなし」は置き換え可能な場合が多いのですが、「動作によって生じた結果」が残らない場合「〜たまま」が使えなくなります。

どういうことかというと、冒頭の例文「テレビをつけたまま、寝てしまった」では、「テレビをつける」という行為により、「テレビがついた状態」が結果として残りました。そのため、「〜たまま」を使っても違和感の無い文になったことになります。

一方で、違和感のある「歌ったまま」や「歩いたまま」はどうでしょうか。

「歌う」という動作や「歩く」という動作によって何か結果が残ったでしょうか。特に何も結果は残らないですよね。

つまり、動作により結果が残らない場合に「〜たまま」の文型を使うと例文(3)、(4)のように違和感のある文になるということになります。

「動作によって生じた結果」が残らない場合、「〜たまま」は使えない。



まとめ

今回は「ずっと同じ状態が続いている」ことを表す文型「〜たまま」や「〜っぱなし」の違いについて紹介しました。

どっちが正しいか、わからない場合はその動作により結果が残るのか・残らないのかをキーポイントとして考えてみてください。