文型の違い

【日本語の文型】「〜ついでに」と「〜がてら」の違い

本来目的であった行為をする機会を利用して、別の行為を加えて行うことを表す文型に「〜ついでに」や「〜がてら」がありますね。

例文を挙げると次のようになります。

・散歩のついでに、ちょっとコンビニまで行ってきます。

・散歩がてら、ちょっとコンビニまで行ってきます。

どちらも本来の目的である「散歩」を利用して、「コンビニへ行く」という別の行為を加えています。

では、この「ついでに」と「がてら」の意味や使い方にどういった違いがあるのでしょうか。

今回はこの2つの違いについて見ていきましょう。

created by Rinker
¥2,200
(2020/09/24 13:22:25時点 Amazon調べ-詳細)

「~ついでに」と「~がてら」の違い

実は2つとも意味は同じですが、使用範囲が異なります。

例えば、次のような例文ではどうでしょうか?

・Amazonで本を買うついでに、CDも買った。

・Amazonで本を買いがてら、CDも買った。

どちらも「本を買う」という主の目的に、「CDを買う」という別の目的も加えていますが、「〜がてら」を使った文は不自然ですよね?

その理由は「〜がてら」は基本的に移動を伴う行為に使われるからです。

上の例文の場合、Amazonで買う行為はインターネットを使って注文しているだけで、移動を伴いません。

そのため、「〜がてら」を使うと不自然になります。

 

では、次のような文はどうでしょうか?

・薬局へ薬を買いに行ったついでに、日用品も買った。

・薬局へ薬を買いに行きがてら、日用品も買った。

今度は「薬局へ行く」という移動を伴う文です。

しかし、こちらも「〜がてら」を使った文がなんだか不自然だとは思いませんか?

実は「〜がてら」は移動を伴う文に接続するだけでなく、主の目的とサブの目的が同じ場所で達成される場合は使えません。

つまり上の文は、どちらも薬局で目的が達成されるので、「〜がてら」を使うと不自然な文になります。



まとめ

今回は類似文型「〜ついでに」と「〜がてら」の違いについて紹介しました。

最後に2つの違いをまとめておきます。

「〜ついでに」と「〜がてら」の違い
  1. 2つとも意味は同じだが、「〜がてら」の方が使用範囲が狭い。
  2. 「〜がてら」は基本的に移動を伴う行為に使われる。
  3. 主の目的とサブの目的が同じ場所で達成される場合、「〜がてら」は使えない。