日本語の教え方

かわいいイラストが豊富な絵教材「げんきな絵カード」

絵カードは授業では欠かせない教具の1つですね。

あなたはどのようにして準備していますか。

自作する人、インターネットからダウンロードする人、様々だと思いますが、私個人としては「げんきな絵カード」が好きでよく使っているので、今回はこちらを紹介したいと思います。



「げんきな絵カード」とは?

「げんきな絵カード」は海外で人気の高い初級日本語の教科書「げんき」準拠の絵教材です。

「げんき」に登場する語彙(+ いくつかの表現)のほぼ全ての絵カードが網羅されているので、げんきを使っている方はもちろん、他の教科書で初級を教えていらっしゃる先生にも役立ちます。

絵カードの数は「げんきな絵カード1」、「げんきな絵カード2」の2冊を合計すると970枚の大ボリュームなので、この2冊おけば、初級語彙の絵カードはだいたい揃います。

  1. げんきな絵カード1:518枚
  2. げんきな絵カード2:452枚

「げんきな絵カード」の特徴

以下は実際に、収録されている絵カードのサンプルです。

画像出典「げんきな絵カード1
画像出典「げんきな絵カード1

「みんなの日本語」の絵教材に比べると、可愛らしい感じなので、若い人やアニメ・漫画が好きな人にはウケがいいです。

ただし、学習者の年齢やビジネス日本語を教える場合などは合わない物もあるので、他の日本語教材と併用しながら使うのがいいでしょう。

口コミ

かわいいです

絵カードの数はあまり多くないとおもいますが、絵がかわいいので購入しました。
メアリーさんの横顔なども、あったらいいなとおもいます。シチュエーションのカードなどももっとあればよい。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

とても使いやすかったです。

絵がたくさん載っていて使いやすかったです。
ありがとうございました。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

最後に

今回は日本語の絵教材「げんきな絵カード」について紹介しました。

ボリュームが多く、とても使いやすい教材なので、絵教材を探していらっしゃる方は、ぜひチェックしてみてください。