形容詞

【い形容詞】日本語学習者がよく間違う「忙しい」の誤用例とその原因

前回、以下の記事で日本語学習者がよく「多い」の使い方を間違えるという話をしましが、実はもう一つ、使い方を間違えやすい形容詞があります。

それがタイトルにもある「忙しい」です。

そこで、このページでは学習者がどういった間違いをするのか、また誤用が起こる原因などを紹介します。

【い形容詞】日本語学習者がよく間違う「多い」の誤用例とその原因日本語の初級で「い形容詞」が登場しますが、その中でも「多い」はよく学習者が間違って使う単語の1つです。 そこで、このページでは「多...

よくある誤用例

次の例文を見てください。これらは日本語学習者がよくする間違いです。

  • 東京は忙しい街です。
  • 大阪は忙しい街です。

日本人からすると、これらの文は不自然な文ですよね。

「忙しい」という単語は「私は今忙しいです。」や「ミラーさんは忙しそうです。」のように人に対して使う単語ですよね。

なのに、上の例文の場合は「忙しい街」と「街」に対して使っています。

では、なぜこのような間違いが起こるのでしょうか。



学習者が「忙しい」の使い方を間違える理由

実はこれは英語による影響です。

「忙しい」は英語に訳すと、”busy”ですよね。

そのため「忙しいはbusyですよー」とだけ、教えた場合はさっきのような誤用を起こす可能性があります。

理由は“busy”という単語は人だけでなく、”busy town”のように街にも使うことができるからです。

そのため、日本語教師の方は補足として「忙しい」は人に対して使うということを指導する必要があります。

では、”busy town”のように街に対して言う場合はどう言えばいいのかというと、な形容詞「にぎやか」を使うといいでしょう。

最後に

今回は学習者がよく使い方を間違える形容詞「忙しい」について紹介しました。

日本語教師の方は、形容詞を教える際に注意してください。

また、学習者が誤用を起こした時に、すぐに訂正できるように、しっかりと準備しておきましょう。

created by Rinker
¥2,200
(2020/09/29 01:36:45時点 Amazon調べ-詳細)