文型説明

【日本語の文法・例文】〜並み

このページでは日本語の上級文型「〜並み」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/10/24 03:23:45時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜並み

意味
〜と同じぐらい

程度が同じぐらいであることを表す文型。

接続
N + 並み

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N1

●備考
慣用表現としてもよく使われる。
①月並み
②お手並
③十人並み
④軒並み



例文

・彼はまだ中学生にもかかわらず、化学に関しては大学生並みの知識がある。

・ジョンさんはまだ日本語を習い始めて1年だが、ネイティブ並みに話すことができる。

・今年の冬も例年並みの寒さになりそうです。

・今日はまだ水曜日なのに、休日並みに人が多い。

・この会社では、成果さえ出せば、役員並みの報酬がもらえる。

・彼のピアノの腕前はプロ並みだ。