文型説明

【日本語の文法・例文】〜なり〜なり

このページでは日本語の上級文型「〜なり〜なり」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/09/29 03:02:09時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜なり〜なり

意味
〜でも〜でも、好きなように

選択肢を挙げて、「どれでもいいので」と言いたい時に使う。

接続
V1(辞書形)+ なり + V2(辞書形)+ なり
N1 + なり + N2 + なり

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N1

●備考
「〜なり」を1つでも使うことができる。



例文

・ちょっと出かけてくるから、昼ごはんは買うなり作るなりして食べてね。

・煮るなり焼くなり好きなようにしてください。

・いくら考えてもわからないなら、インターネットで調べるなり友達に聞くなりしなよ。

・中国語なりインドネシア語なり何か外国語を勉強したいなあ、

・体調が悪いなら、薬を飲むなり病院へ行くなりしたほうがいいよ。