文型説明

【日本語の文法・例文】〜なり

このページでは日本語の上級文型「〜なり」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,024
(2019/09/15 18:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜なり

意味
〜するとすぐに

接続
V(辞書形) + なり

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N1

●備考
①文の後ろには意志を表す文、否定文、命令文などは来ない。
②予想外の結果に対して使う。



例文

・子供は私の顔を見るなり、泣き出した。

・父は家に帰ってくるなり、何も言わず部屋へと向かった。

・その男は警察に声をかけられるなり、どこかへ走り出した。

・ジョンさんはJLPTの結果を知るなり、大声をあげて喜んだ。

・部長は受話器を置くなり、大きなため息をついた。

・強盗は家に入ってくるなり、私たちにナイフを突きつけた。

・今朝、彼女に会うなり、いきなりビンタされた。