文型説明

【日本語の文法・例文】〜を兼ねて

このページでは日本語の上級文型「〜を兼ねて」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/10/01 03:04:04時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜を兼ねて

意味
〜という目的も一緒に

主の目的に、もう1つの目的を持たせて〜すると言いたい時に使う。
「Aを兼ねてB」はBが主目的であり、その主目的と一緒にAという目的も果たすことを表す。そのため、メインの目的はB。

接続
N + を兼ねて

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N1

●備考
「兼ねる」は「一つの物、ひとりの人が二つ以上の働き・役目をする。」という意味。



例文

・日本語の勉強を兼ねて、アニメやドラマを見ています。

・ダイエットを兼ねて、毎週ジムに通っています。

・本日はご挨拶を兼ねて、当社の新商品のご紹介に参りました。

・この部屋は仕事部屋と寝室を兼ねている

・英語の勉強を兼ねて、世界一周をしようと思っている。