文型説明

【日本語の文法・例文】〜でしょう(推量)

このページでは日本語の初級文型「〜でしょう(推量)」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/09/29 03:02:09時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜でしょう(推量)

意味
たぶん / おそらく

推量表現の1つで、きっぱりと断定はできないが、色々な状況や知識、結果などから判断して「おそらく〜だ」と言う時に使う。

接続
V(普通形)+ でしょう
イA(普通形)+でしょう
ナA+ でしょう
N + でしょう

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N4

●備考
「〜でしょう 」のカジュアルな言い方は「〜だろう」。



例文

・明日の朝は晴れるでしょう

・午後から雨が降るでしょう

・明日は傘を持っていったほうがいいでしょう

・朝寝坊してしまったので、急いでも間に合わないだろう

・この問題は毎年出ているから、次の試験でも出るでしょう

・ジョンさんは彼女とデートの予定だから、今夜のパーティーには来れないでしょう

A:この人はどこの国出身だと思いますか?
B:う〜ん、わかりませんが、ヨーロッパやインド人のような顔なので、日本人じゃないでしょう
A:ブブー。日本人でした。平井堅という歌手だよ。