文型説明

【日本語の文法・例文】〜かもしれない

このページでは日本語の初級文型「〜かもしれない」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2019/12/05 21:17:46時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜かもしれない

意味
〜可能性がある

話し手の推測を表す。判断の根拠は薄く、不確かな推量である。

接続
V(普通形) + かもしれない
イA(普通形)+かもしれない
ナA(普通形) + かもしれない
N(普通形) + かもしれない

な形容詞と名詞で現在形の肯定文を使う時、「だ」が落ちる。

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N4

●備考
疑問文は作れない


例文

・あれ、ジョンさんがまだ来ていませんね。連絡も無いし、何かあったのかもしれません

・うーん、メッセージを送っても返事がないなあ。もう寝ているのかもしれない

・この辺はスリの被害がけっこうあるらしいから、あまり貴重品は持ち歩かない方がいいかもしれない。

・雨が降るかもしれないので、傘を持っていきます。

・キムさんはいつもトムさんの話をするし、彼のことが好きなのかもしれない。

・わぁ、すごい音。近くに雷が落ちたかもしれないね

・ジョンさん最近、遊びに誘っても断るし、彼女でもできたのかもしれない

・あ〜、鼻水が止まらない。風邪をひいたのかもしれない

・あの時、好きって言っていれば僕の人生は変わっていたのかもしれない

・このままだと、年末年始に出勤しなければいけないかもしれない

・走ればなんとか終電に間に合うかもしれない。

A:マレーシアへ旅行するんだけど、上着は必要かなあ?
B:建物やバスの中は寒いかもしれないから、持っていった方がいいよ。