文型説明

【日本語の文法・例文】〜のに

このページでは日本語の初級文型「〜のに」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/10/02 03:05:18時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜のに(予想外)

意味
〜けれど・・・

前件から「当然そうなるだろう」と予想される結果とは違ったと言いたい時に使う。話の手驚きや不満などの気持ちが含まれる。

接続
普通形 + ので

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N4

●備考
・後件に意志文や命令文、依頼文などは使えない。



例文1

・テストで100点を取ったのに、誰も褒めてくれなかった。

・父は英語教師なのに、英語を上手に話せません。

・薬を飲んだのに、全然良くなりません。

・手術したのに、まだ足が痛いんです。

・頑張って勉強したのに、試験に受からなかった。

・まだ新しいパソコンを買って1週間も経っていないのに、壊れてしまった。

・トムさんは10年も日本に住んでいるのに、全然日本語が話せない。

・木村さんは1年留学したのに、留学する前と全然変わっていない。

・約束の時間に遅れないように急いで来てのに、他の友達はみんな遅刻して来た。

・一生懸命頑張ったのに、行きたかった大学に合格できませんでした。

解説:〜のに(用途)

意味
〜するために

物の用途や目的を言う時に使う。

接続
V(辞書形) + のに
N + に
※Nはする動詞(例:勉強する、掃除するなど)

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N4

例文2

・本を借りるのに、このカードが必要です。

・この本はJLPTの勉強役立ちますよ。

・タブレットは映画を見るのに便利です。

・この包丁は果物を切るのに使います。

・この道具は缶を開けるのに使います。

・この箸はパスタを食べるのに役に立ちます。