文型説明

【日本語の文法・例文】〜すぎる

このページでは日本語の初級文型「〜すぎる」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,024
(2019/06/19 14:53:37時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜すぎる

意味
とても〜。非常に〜。
程度が水準を超えていることを表す。ネガティブな意味で使われることが多い。

接続
V(ます形)ます + すぎる
イA + すぎる
ナA + すぎる

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N4



例文

1. 動詞文

・ちょっと飲みすぎて頭が痛いです。

・あぁ、食べすぎて歩けません。少し休んでから行きましょう。

・買い物しすぎて、お金がなくなりました。

・あぁゲームしすぎて、目が痛いよ。

・疲れすぎて、食欲もありません。

2. い形容詞文

・この料理が5万円ですか。料理は少ないし、味はイマイチだし、高すぎますよ

・今日のテスト難しすぎて、全然わからなかった。

・なにこのコーヒー。甘すぎて飲めないよ。

・最近、本当に暑すぎますよ。外に出たく無いです。

・このあたりは暗すぎて、私一人で歩くのは無理ですね。

3. な形容詞文

・田中さんはまじめすぎて、全然おもしろくない。

・昨日のテストは簡単すぎて、30分も時間が余ったよ。

・私のふるさとは静かすぎて、つまらないです。

・綺麗すぎて、つい見とれてしまった。