文型説明

【日本語の文法・例文】〜つもりだ

このページでは日本語の初級文型「〜つもりだ」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2019/12/07 21:22:17時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜つもりだ

意味
話し手の意志・予定などを表す。

接続
V(辞書形)+ つもりだ
V(ない形)+ つもりだ

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N4

●備考
①その場で決めたことに対して使うと不自然な表現になる。

誤用例

A:今晩、みんなで飲みに行くだけど、Bさんも行く?
B:はい!行くつもりです。

上の例文の場合は「行きます」や「行こうと思います」を使う。

②目上の人に尋ねる時に「〜つもりですか」と聞くと失礼になる。

A:部長は夏休みどこへいらっしゃるつもりですか。

上の例文の場合「いらしゃいますか」や「いらっしゃるご予定ですか」を使う。

③第三者の意志や計画がはっきりとわからない場合は使えない。

誤用例

A:田中さんは今晩、飲み会に参加しないつもりです。

上の文でAさんが田中さんの意志がわかる場合は使えるが、わからない場合は「〜つもりのようです」や「〜つもりらしい」といった表現を使う。

例文

・夏休みは国へ帰るつもりです

・将来は弁護士になるつもりです。

・来週から1週間、会社を休むつもりです。

・ジョンさん、作文は何について書くつもりですか。

・4月から中国語の勉強を始めるつもりです。

・来年、この会社を辞めるつもりです。

・今、結婚願望はないですが、30歳になるまでには結婚するつもりです。

・トムさんは金曜日のパーティーに参加しないつもりです。

・来週の月曜までにこのレポートを完成させるつもりで、今頑張っています。

・今日、課題を提出するつもりだったのに、家に忘れてきちゃった。

・朝5時に起きるつもりだったのに、目覚まし時計が鳴らなくて寝坊してしまった。

・週末の交流会には参加しないつもりだったけど、気になる人が参加するそうなので、やっぱり参加することにしました。