文型説明

【日本語の文法・例文】〜ように

このページでは日本語の初級文型「〜ように」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2019/12/07 21:22:17時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜ように・・・

意味
〜という目的を達成するために・・・する。

接続
V(辞書形 / ない形)+ ください

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N4

●備考
①「ように」の前は無意志動詞しか使えない。
② 前件と後件の主語が同一でなくても使える。

例文

・日本の会社で働けるように今、一生懸命勉強しています。

・スピーチの時、スラスラ話せるように家で練習しておきます。

・先生の声がよく聞こえるように、前の席に座ります。

・息子が試験に合格できるように、神社へお祈りに行きます。

・子供でも食べられるように、少し甘く作っています。

・聞こえるようにもっと大きい声で話してください。

・将来お金に困らないように、学生のうちから貯金します。

・インフルエンザにならないように手洗い・うがいをしっかりしましょう。

・僕がいなくなっても困らないように、後輩を教育しています。

・子供が触らないように、高いところに置いておきます。

・朝寝坊しないように、ちゃんと目覚まし時計をセットするのよ。

・今日習ったことを忘れないように、あとで復習します。

・優勝できるように、一生懸命頑張ります。

・早く元気になるように、栄養たっぷりの料理を作ったよ。

・いつでも出発できるように、もう準備してあります。

・後ろの席の人にも見えるように、大きく書いてください。

「〜ために」と「〜ように」の違い

【日本語の文型】「〜ために」と「〜ように」って何が違うの?日本語の文型には「目的に向かって何かをすること」を表す文型として「〜ために」と「〜ように」という2つの文型があります。 もう少しわ...