文型説明

【日本語の文法・例文】〜ば〜ほど

このページでは日本語の中級文型「〜ば〜ほど」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,024
(2019/09/15 18:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜ば〜ほど

意味
〜すれば、・・・になり、もっと〜すれば、もっと・・・になる。

接続
V(ば形) + V(辞書形) + ほど
イAければ + イAい + ほど
ナAであれば + (ナAで)ある + ほど
Nであれば + (Nで)ある + ほど

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N3



例文

動詞文

・この問題はかなり複雑で、考えれば考えるほどわからなくなります

・日本語は使えば使うほど、上手になります。だからたくさん話してください。

・ゲームであれスポーツであれ、練習すれば練習するほど上手になるものです。

・日本では北に行けば行くほど、寒くなります。

・ビジネスにおいて、メールの返事は早ければ早いほど良いです。

・時間をかければかけるほど、良い作品ができるというものでもない。

・スルメは噛めば噛むほど味がでます。

い形容詞

・航空券は安ければ安いほど、嬉しいです。

・職場は近ければ近いほど、嬉しいです。

給料は高ければ高いほどいいです。

A:辛さはどうしますか?
B:辛ければ辛いほどいいんですが。

A:今度のパーティー、全然参加者が足りないんだけど、誰か誘ってくれない?
B:いいけど、何人ぐらい?
A:うーん、多ければ多いほどいいんだけど。

な形容詞

・説明の際は、専門用語は避けていただき、簡単であればあるほどいいのですが。

・僕は怠け者なので、暇であればあるほど僕は嬉しいです。

A:どんな家をお探しですか。
B:今住んでいるところが、とてもうるさいので、静かであればあるほどいいんですが。