文型説明

【日本語の文法・例文】〜だけ

このページでは日本語の中級文型「〜だけ」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2019/12/14 21:26:40時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜だけ

意味
〜の範囲全て / 〜できる全部

接続
V(辞書形)+ だけ
ナAな + だけ

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N3

●備考
動詞と接続する場合は「休めるだけ休む」のように同じ動詞を繰り返して使うことが多い。



例文

・できるだけ早く来てください。

・どうぞ、好きなだけ食べてください。

・テストまでもう時間がありませんが、やれるだけやってみます。

・作文は500文字以上であれば、何文字でもいいです。書きたいだけ書いてください。

・夜に山の頂上に向けて出発するので、今は休めるだけ休んでおいてください。

・キムさんは言いたいだけ言って、教室を出ていった。

・辛い時は、我慢しないで、泣きたいだけ泣けばいいですよ。