文型説明

【日本語の文法・例文】〜どころか

このページでは日本語の中級文型「〜どころか」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/09/27 03:00:44時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜どころか

意味
反対のことをいう表現。予想や期待と、事実が異なるということを強調して言いたい時に使う。

接続
V(普通形)+ どころか
イA(普通形)+ どころか
ナA(普通形)+ どころか
N(普通形)+ どころか

※ナAの現在形の肯定形は「ナAなどころか」
※Nの現在形の肯定形は「Nどころか」

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N2



例文

・薬を飲んだのに、熱が下がるどころか、上がる一方だ。

A:夏休みは楽しめましたか。
B:楽しめたどころか、毎日家で仕事してたよ。

A:新しい部長、優しそうですね。
B:え、そんなことないよ。優しいどころか、ちょっとしたミスでもすごく怒るし、鬼のような人ですよ。

A:ヨーグルトダイエットって痩せるのかな。
B:痩せるどころか、ヨーグルトだけだと体を壊してちゃうかもしれないよ。