文型説明

【日本語の文法・例文】いくら〜ても / どんなに〜ても

このページでは日本語の中級文型「いくら〜ても / どんなに〜ても」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/09/30 03:03:14時点 Amazon調べ-詳細)

解説:いくら〜ても / どんなに〜ても

意味
程度に関係なく〜

程度や数量に影響されないことを表す。

接続
V(テ形)+ も
イAくて + も
ナAで + も
Nで + も

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N3



例文

いくらお金持ちでも、死んでしまったらそれまでだ。

いくら良い大学を出ても、ニートなら意味がない。

いくら悩んでもわからないなら、先生に聞いたほうがいいんじゃない?

いくら頑張っても、合格できなければ意味がない。

いくらお金を積まれても、その仕事はお受けできません。

・最近、いくら寝ても疲れがとれません。

・こんな物、いくら安くても買いません。

いくら謝られても、絶対に許しません。

類似文型

【日本語の文法・例文】たとえ〜ても 解説:たとえ〜ても ●意味 もし〜ということになっても 「〜」という状況になったとしても、影響がないことを表す。 前...