文型説明

【日本語の文法・例文】〜代わりに

このページでは日本語の中級文型「〜代わりに」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/11/25 03:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜代わりに

意味
① 〜の代理、代用として / 〜しないで、他の〜をする
② 〜と引き替えに(代償・交換条件)

接続
V(辞書形)+ かわりに
N + のかわりに

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N3



例文

1. 代理・代用

・部長は出張で来られないので、私が代わりに呼ばれました。

・佐藤先生は今日、熱でお休みなので、私が先生の代わりに教えます。

・タピオカミルクティーを買いにいったが、人がたくさん並んでいたので、代わりにスターバックスでコーヒーを飲んだ。

・私は夜早く寝る代わりに、朝早く起きで勉強している。

・スクールは高いので、代わりに参考書を買って自分で勉強した。

2. 代償・交換条件

・私が日本語を教える代わりに、ジョンさんは英語を教えてよ。

・今晩、泊めてあげる代わりに、部屋の掃除と洗濯をしてね。

・宿題を手伝ってくれたら、その代わりに晩ご飯をご馳走するよ。

・エドワード・エルリックは弟の命を助ける代わりに片腕、片足を失った。