文型説明

【日本語の文法・例文】〜なんか

このページでは日本語の中級文型「〜なんか」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/09/21 02:56:33時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜なんか

意味
〜など

① 対象を示して軽視や軽蔑、謙遜の気持ちを表す
② 「例えば〜などは・・・」のように例を挙げる表現。

●接続
N + なんか

後ろに名詞が来る場合は「V合いのN」となる。

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N3



例文

1. 軽蔑・軽視・謙遜

・もうママなんか大っ嫌い。

・お前なんかがJLPT N1に合格できるわけがないだろ。

・ゲームなんか何の役にも立たないし、もっとたくさん本を読みなさい!

・君は何も悪くないし、謝ることなんかないよ。

・お前なんかが俺の気持ちをわかるはずがないだろ。

・お前なんかに負けるなんて、ありえない。

・私なんかが部長だなんて、まだ早すぎますよ。

・ひらがななんか2日、3日で覚えられるよ。

2. 例を挙げる

・母の誕生日プレゼントはネックレスなんかどう?

A:新しい言語を学ぶなら、何がいいかな。
B:中国語なんかどう?