文型説明

【日本語の文法・例文】〜にしても〜にしても

このページでは日本語の中級文型「〜にしても〜にしても」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/09/18 02:52:39時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜にしても〜にしても

意味
〜でも〜でも / 〜場合も〜場合も

AとBどちらの場合でも当てはまるということを表す。

接続
V(辞書形) + にしても + V(辞書形)+ にしても
イA(普通形)+ にしても + イA(普通形)+ にしても
ナAである /だった + にしても + ナAである / だった + にしても
Nである/ だった + にしても + Nである / だった + にしても

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N3

●備考
他の言い方として、「〜にしろ〜にしろ」や「〜にせよ〜にせよ」という言い方もある。



例文

・プログラミングを学ぶにしても、英語を学ぶにしても、きちんと学ぶ目的や目標が無いと、長続きしないよ。

・高いにしても、安いにしても、生活で必要なのであれば買うしかない。

・JLPTを受けるにしても、受けないにしても、仕事で日本語を使うので、しっかり勉強する必要がある。

・行くにしろ、行かないにしろ、明日までに連絡する必要がある。

・文系にせよ、理系にせよ、国語はしっかりと勉強しておいた方がいい。

・犬にせよ、猫にせよ、このマンションでペットを買うのは禁止です。