文型説明

【日本語の文法・例文】〜というよりも

このページでは日本語の中級文型「〜というよりも」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/09/27 03:00:44時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜というよりも

意味
〜という言い方をするよ利、むしろ・・・だ。

AとBを比較して、どちらかと言えばBの方が適切だと言いたい時に使う。

●接続
V(普通形)+ というよりも
イA(普通形)+ というよりも
ナA(普通形)+ というよりも
N(普通形)+ というよりも

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N3



例文

・彼はクールな性格というよりも、恥ずかしがり屋で無口なだけだ。

・このアニメは少しグロテスクなシーンもあるので、子供向けというよりも大人向けだ。

・私の生徒が試験に受かって、嬉しいというよりも、なんだかホッとしました。

・今日は暖かいというよりも、少し暑いぐらいだ。

・田中部長は部長というよりも、私たちにとって父親のような存在だ。

・彼女は可愛いというよりも、どちらかと言えば美人な方だと思う。

・あの人は歌手というよりも、俳優として知られている。

・私はお金持ちになりたいというよりも、単にお金に困らない生活がしたいだけです。