和製英語・外来語

【和製英語】シャーペンは英語?日本語?

細い黒鉛の芯を入れて使う機械式の筆記具のことを「シャーペン」や「シャープペンシル」と言いますよね。

しかし、海外ではこのように呼ばないため、「シャーペン貸して」とか「シャープペンシルありますか」と尋ねても、理解してもらえません。

では、海外ではどのように呼ばれているかですが、

・mechanical pencil(メカニカル ペンシル)

と呼ばれています。

「機械式の鉛筆」なので、「メカニカル ペンシル」です。

とてもわかりやすいですね。

どうして日本では「シャープペンシル」と呼ばれているの?語源は?

よくある間違いとして「シャープ」という会社から付けられた物と思っている人がいますが、実は違います。

もともとシャープペンシル自体は、アメリカで初めて開発されたもので、当時「Eversharp Pencil」という商標で登録されていました。

日本で初めてシャープペンシルが誕生したのは、大正時代初期で考案した「早川徳次」が、「エバ一・レディー・シャープペンシル」という商品名をつけてヒットさせました。

これがきっかけで、「シャープペンシル」という言葉が定着したわけです。

なお、この早川徳次さんは家電メーカー「SHARP(シャープ)」の創業者でもありますが、SHARPという会社名になったのは、シャープペンシルができた後のことです。

つまり、「シャープペンシル」が先になります。

created by Rinker
¥1,100
(2020/05/28 19:00:34時点 Amazon調べ-詳細)