意味・語源

【相撲の日本語】行司の掛け声「ハッケヨイ ノコッタ」ってどんな意味?

相撲を始める前の掛け声といえば「ハッケヨイ ノコッタ」ですよね。

テレビでも耳にする言葉ですし、子供の頃に遊んだ時なんかも言っていた人が多いと多います。

でも「ハッケヨイ ノコッタ」ってどんな言葉なんでしょうか?

何となく聞いて使っている言葉ですが、意味を知らないという人はかなり多いのではないでしょうか。

今回はこの「ハッケヨイ ノコッタ」の意味を確認しましょう。

おすすめ書籍
created by Rinker
¥1,728
(2019/06/26 05:28:18時点 Amazon調べ-詳細)

「ハッケヨイ」の意味・語源

「ハッケヨイ」の意味は諸説あります。

1つ目は「気分を高めて全力で勝負する」という意味を表す「発気揚揚(はっきようよう)」という言葉からとった説です。

しかし、実際「はきようよう」と「はっけよい」はそこまで似ているとは言えませんし、第二次世界大戦後に出てきた説なのでそこまで有力な説ではないそうです。

2つ目の説は諺「当たるも八卦当たらぬも八卦」の「八卦(はっけ)」という言葉から来たという説です。

八卦とは古い中国の占いのことで、「八卦が良い」で「運気が良い状況」という意味を持ちます。

3つ目の説は「早く競いなさい」を意味する「早競へ(はやきほへ)」が転じて「ハッケヨイ」になったとされています。

どれが正しいかは明らかではないですが、力士がかける言葉なので、3つ目の説が有力ではないかとされています。



「ノコッタ」の意味

「ノコッタ」は漢字の「残る」から来ており、「まだ土俵に残っている」つまり、「まだ勝負がついていないよ」ということを意味します。

そのため、「ハッケヨイ」と「ノコッタ」は「早く勝負を終わらせなさい、まだ勝負がついていないよ」という意味を表すのではないかとされています。

まとめ

「ハッケヨイ」と「ノコッタ」の意味

ハッケヨイには以下の3つの説がある。3つ目が有力とされている。

  1. 「発気揚揚(はっきようよう)」という言葉からとった説。
  2. 諺「当たるも八卦当たらぬも八卦」の「八卦」からとった説。
  3. 「早く競いなさい」を意味する「早競へ(はやきほへ)」からとった説。

「ノコッタ」は「まだ土俵に残っている」つまり「まだ勝負がついていないよ」という意味。

「ハッケヨイ ノコッタ」は「早く勝負を終わらせなさい、まだ勝負がついていないよ」という意味だよ予想される。

相撲観戦をする際には、行司がどんなタイミングで「ハッケヨイ」や「ノコッタ」を使っているのかぜひチェックしながら見てみるともっと楽しめると思います。