文型の違い

【日本語の文型】起点・開始点を表す「〜から」と「〜より」の違い

場所の起点や時間の開始点などを表す文型に「〜から」と「〜より」という表現がありますね。

例えば、次のような文です。

・会場へは午後6時から入場いただけます。

・会場へは午後6時より入場いただけます。

どちらも、午後6時になると会場に入れるという意味を表す文ですが、「から」と「より」にはどういった違いがあるのでしょうか。

真っ先に思いつく違いとしては「より」の方がフォーマルなので、改まった場面では「より」を使うほうがいいということでしょう。

しかし、それ以外にも違いがあります。

そこで、今回はこの2つの表現の違いについて見ていきましょう。


「〜から」と「〜より」の違い

1. 「〜まで」と一緒に使えるかどうか

初級で登場する「〜から」はよく「〜まで」と一緒に使いますよね。

例えば次のような文です。

(1) 私は毎日、朝9時から夕方5時まで働きます。

(2) 今日は午後2時から4時まで取引先で会議があります。

これらの文を「より」で置き換えてみると次のようになります。

(1)’ 私は毎日、朝9時より夕方5時まで働きます。

(2)’ 今日は午後2時より4時まで取引先で会議があります。

いかがでしょうか。かなり不自然な文ですよね。

よって、「まで」と組み合わせて使うとは基本的にできません。

「〜より」は基本的に「〜まで」と組み合わせて使うことができない。

2. 文末に「〜です」が使えるかどうか

「から」の場合、次のように文末に「〜です」が来ることもあります。

(3) パーティーは9時からです。

(4) 昼休みは12時からです。

では、「から」を「より」に置き換えるとどうでしょうか。

(3)’ パーティーは9時よりです。

(4)’ 昼休みは12時よりです。

これもかなり不自然な文であることがわかると思います。

「〜より」を使った文では、文末に「〜です」は来ない。

3. 限定を表す言葉と一緒に使えるか

さらに、「〜だけ」や「〜しか」など限定を表す言葉と接続できるかも見てみましょう。

(5) 会場には10時からしか入ることができません。

上の「から」を使った例文はどうでしょうか。特に不自然な文ではないですよね?

では、これを「より」に置き換えてみましょう。

(5)’ 会場には10時よりしか入ることができません。

こんな文を使う人はいませんね。

ですから、「〜より」は限定を表す言葉と一緒に使えないことがわかるでしょう。

「〜より」は限定を表す言葉と一緒に使うことができない。



まとめ

今回は場所の起点や時間の開始点などを表す文型「〜から」と「〜より」の2つの違いについて見てきました。

それぞれの違いについてまとめると以下のようになります。

「〜から」と「〜より」の違い
  1. 「〜より」は硬い表現で、改まった場面で使われる。
  2. 「〜より」は基本的に「〜まで」と組み合わせて使うことができない。
  3. 「〜より」を使った文では、文末に「〜です」は来ない。
  4. 「〜より」は限定を表す言葉と一緒に使うことができない。

上記を見ると、「〜より」という文型は「〜から」に比べ使用範囲が狭いことがわかりますね。

【日本語の文型】「〜だけ」と「〜しか」の違い他に該当するものがないという「限定」を表す文型に「〜だけ」と「〜しか」という表現がありますね。 例えば、次のような文です。 ...
created by Rinker
¥1,620
(2019/06/01 17:23:15時点 Amazon調べ-詳細)