文型の違い

【日本語の文型】「〜たびに」と「〜つけ」の違い

「〜するといつも」という意味を持つ文型に「〜たびに」、「〜つけて」の2つがありますね。

例文を挙げると次のようになります。

・この写真を見るたびに、昔家族で旅行したことを思い出す。

・この写真を見るにつけ、昔家族で旅行したことを思い出す。

どちらも「写真を見ると、いつも家族と旅行したことを思い出す」という意味ですね。

では、この「〜たびに」と「〜つけて」にはどういった違いがあるのでしょうか。

今回はこの2つの違いについて見ていきましょう。

created by Rinker
¥2,200
(2020/12/03 14:36:00時点 Amazon調べ-詳細)

「~たびに」と「~つけて」の違い

二つの意味はかなり似ていて、置き換え可能なことも多いですが、必ずしも置き換えることができるというわけではありません。

例えば、次のような文はどうでしょうか?

 出張のたびにお土産を買わなければならないのは、面倒だ。

出張のにつけお土産を買わなければならないのは、面倒だ。

なんだか「〜につけ」を使った文に違和感を感じませんか?

実際、この例の場合「〜につけ」は使えません。

理由は、「〜につけ」の特徴として、「後文には自然に起こる心の状態がくる」という決まりがあるからです。

「お土産を買う」は心の状態とは関係がないですよね。

一方で、冒頭の「写真を見るにつけ、家族で旅行したことを思い出す。」は自然に起こる心の状態を表しているため、不自然に感じなかったということになります。

以上のことから、「〜につけ」の使用範囲は「〜たびに」と比べると限定されることがわかると思います。



まとめ

今回は類似文型「〜たびに」と「〜につけ」の違いについて紹介しました。

最後に2つの違いをまとめておきます。

「〜たびに」と「〜につけ」の違い
  1. 「〜につけ」の後には自然に起こる心の状態がくる
  2. 「〜につけ」は「〜たびに」よりも使用範囲が狭い

関連文型

【日本語の文法・例文】〜たびに 解説:〜たびに ●意味 〜するといつも / 〜すると毎回 ●接続 V(辞書形)+ たびに Nの+ たびに ●日本...
【日本語の文法・例文】〜につけて 解説:〜につけて ●意味 〜するといつも ●接続 V(辞書形) + につけて ●日本語能力試験(JLPT)のレベル...