文型説明

【日本語の文法・例文】〜につけて

このページでは日本語の中級文型「〜につけて」について解説するよ。例文もたくさん用意したからチェックしてね。
created by Rinker
¥3,080
(2020/11/25 03:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

解説:〜につけて

意味
〜するといつも

接続
V(辞書形) + につけて

日本語能力試験(JLPT)のレベル
N2

●備考
① 後件に自然に起こる気持ちや状況を表す内容が来る。
② 意志表現は来ない。
③ 「〜につけて」の「て」は省略されることもある。



例文

・この写真を見るにつけ、昔家族で旅行したことを思い出す。

・先輩社員から仕事の話を聞くにつけ、もっと頑張らなきゃと思う。

・このメロディーを聞くにつけて、子供のころにやったゲームを思い出す。

・ジョンさんはいつも何かにつけて、文句を言う。

・毎年、震災のニュースを聞くにつけ、悲しい気持ちになる。

類似文型

【日本語の文型】「〜たびに」と「〜つけ」の違い「〜するといつも」という意味を持つ文型に「〜たびに」、「〜つけて」の2つがありますね。 例文を挙げると次のようになります。 ...